活動の理念

設立の趣旨

車椅子使用者が健常者と同じように、趣味としてレクダンス等を選択できるような社会環境を実現します。このため車椅子レクダンスインストラクター等を養成し、日本全国の市区町村に車椅子レク(レクリエーション)ダンスを楽しむボランティアサークルを設立して、ボランティア活動を展開します。

目的及び活動

本会は、車椅子レクダンス等の普及を目的とし、ボランティア活動を原則として次の活動を行います。

  1. 施設訪問等による車椅子使用者(高齢者を含む)・介護者等に対する車椅子レクダンス等の技能の付与及びレクリエーションの実施
  2. 車椅子レクダンス等の技能を活用した、地域社会福祉活動への協力・参加
  3. 車椅子レクダンス等の技能を有する指導者の育成及び後継者の養成
  4. 車椅子レクダンス等の技能の向上と会員等相互の親睦を目指す福祉パーティー及び練習会の実施

活動のモットー

「美しく」より「楽しく」

自分を美しく見せることばかりに気を取られて、楽しさを忘れてしまってはいけません。パーティーの場などで、自分勝手な動きで周りの人に不快感を与えるような踊りも、他人の楽しさに気を遣っていないことになります。

「健常者と」より「障害者と」

美しく見せるために、その場に障害者や高齢者が居るのに健常者を車椅子に乗せて踊って見せても、何の感動もありません。体験してもらう場合は別ですが、デモとしてやるのはやめましょう。

「デモ型」より「参加型」

イベントを開催する場合、あるいは福祉行事に参加する場合等、チームを編成してデモをやって見せるのではなく、見に来ている人たち(障害者・高齢者・健常者を問わず)に参加してもらって一緒に楽しめるような形にしましょう。

機上八策(坂本竜馬船中八策を模し)

  • 障害者も高齢者も健常者も皆同じという意識を持とう
  • 自らの意志で社会に尽くせる喜びを実感しよう
  • あらゆる行動を通じ、相手を思いやる心を持とう
  • 人生の中に、自ら進んで楽しみを追求しよう
  • 活動する仲間同士、同じ道を歩む仲間意識を持とう
  • 社会環境のあらゆる場所に、バリアフリーを実現しよう
  • 全市区町村・全世界への普及を目指そう
  • 本活動が人類の常識となった時、協会を解散しよう

SDGs(持続可能な開発目標)を意識した活動

私達の活動の目的は、設立当初から「身体が不自由でも、高齢でも、全ての人が健康と福祉を重視し、人生における楽しさ・レクリエーションをいつまでもやれるような社会を実現する事」であり、SDGs(3.全ての人に健康と福祉を)を意識した活動を行っていきます。